中古で買った金庫の中になにか入っている・・・

このたび自宅用にと金庫を中古で購入したのですが、その金庫を開けてみると中に何か入っているんです。封筒に入った書類?のようなものなんですが、金庫に入れるようなものですから余程大事なものでしょうし、今は私の金庫とはいえ勝手に中身を見るのもなぁと、開封できずに躊躇っています。封印もされていますし、もしこれが遺言状とかだったら、開封することで意味がなくなってしまうかもしれません。封印のある遺言書は、家庭裁判所で相続人が立会いしたうえで開封しなければならないみたいですから…。まぁ遺言状だったら封筒の全面に「遺言書在中」とか書くでしょうけど。

なんにせよ、なんだか不気味で開けるのが怖いのです。開けたからといって何かあるわけではないと思いますが、封印がされている以上開けたら意味がなくなるようなものかもしれませんし、この金庫の前の持ち主がこれを必要としていたら、きっと今困っているでしょう。私からしてみれば、金庫の中なんて大事なものしか入っていないんだから、売る前にちゃんと確認しろ!店も確認せず買い取るな!と思いますけど、もう私の手元にある以上見過ごすわけにもいきません。

とにかく、この金庫を購入した店に電話して相談してみるしかないとは思います。せっかく買ってきて有効活用しようと思っていた矢先なので出鼻を挫かれた感は否めませんが、ケチって中古を買った私も悪いでしょうし。ただまぁ、こういったトラブルというかミスというのは、やめてもらいたいものですね。もし私がこの金庫を手放すことがあったりしたら、こういうことのないように努めたいと思います。

それに何より、一番困るのは中に入れたまま売ってしまった本人でしょうからね。